高崎市の歯医者なら「城南大橋歯科クリニック」

〒370-0865 群馬県高崎市寺尾町2628-1/駐車場12台完備

診療時間

9:00~12:00(受付終了11:30)
14:30~19:00(受付終了18:30)

△:14:30~17:30(受付終了17:00)/休診日:木曜、日曜、祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

027-324-8211

当院のセラミック治療(白い詰め物・被せ物)

※自費診療です

白くてキレイなセラミックのかぶせ物を
リーズナブルな価格でご提供

虫歯の治療で歯を削った後に、金属製のつめものやかぶせ物が入るというケースは多いと思います。保険診療で入れるものは、どうしてもお口の中で目立ってしまい気になるという患者さんも少なくありません。また金属の場合は、アレルギーの心配もつきものです。

そこで当院では、見た目が良くお身体への悪影響の少ないセラミック製の白いつめもの・かぶせ物を、一人でも多くの患者さんにご提供したいという思いで、できるだけコストを削減する工夫をしています。コストを下げるといっても、品質まで落としては本末転倒です。当院では精密な型取りを行った上で、品質にもこだわったセラミック製の白いつめものやかぶせ物を、リーズナブルな価格でご提供しています。

セラミック製のつめものやかぶせ物には、健康保険が使えません。そのためどうしても高額になってしまい、ひとつで10万円以上の治療費がかかることもあります。そのために白いつめものやかぶせ物を入れたくても、金属のもので我慢してしまうという患者さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし当院では、かぶせ物は49,800円(税別)、つめものは29,800円(税別)と、お手頃な価格設定を実現しております。「セラミックは高いから・・・」とあきらめていた方も、ぜひ一度ご相談ください。

2年間の保証をおつけしています

セラミック製の白いつめものやかぶせ物は、健康保険が使えないためどうしても治療費が高額になりがちです。「せっかく高い費用を払ったのに、すぐにダメになってしまったら?」と心配される患者さんも少なくありません。

そこで当院では、白いつめものやかぶせ物の治療に対し2年間の保証期間を設けています。保証があれば、もし治療後に何かあったときにも安心です。

セラミックと一口に言っても、さまざまな種類がございます。当院では患者さん一人ひとりのお口の状態やご希望に合わせ、豊富なプランをご用意しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

オールセラミック

セラミックだけで作られた詰めもの・かぶせ物で、天然の歯に近い自然な見た目を実現できます。金属を使用していないため、金属アレルギーの心配もありません。

クラウン(かぶせ物)
(治療費・仮歯代別途8,000円)
49,800円(税別)
インレー(つめもの)
(治療費・仮歯代別途6,000円)
29,800円(税別)
ジルコニアセラミック

ジルコニアとセラミックを合わせた材質のかぶせ物です。強度を保ちながらも、透明感のある自然な美しさを再現することが可能です。

クラウン(かぶせ物)
(治療費・仮歯代別途8,000円)
49,800円(税別)

治療のリスクや副作用:強い力をかけると割れる(欠ける)可能性があります。土台となるご自身の歯を削る必要があります(削る量は材質や個人差によります)。歯の状態によっては神経の治療が必要になる場合があります。

ラミネートべニア

歯の表面をごく薄く削り、セラミック製の薄い板を張りつける治療方法です。ホワイトニングでは改善しにくい歯の色を白くしたり、歯の形や大きさなどの見た目を整えたりできるほか、すきっ歯の改善も図ることができます。つめものやかぶせ物よりも削る部分が少なくて済み、治療期間も短いというメリットがあります。

ラミネートべニア 70,000円(税別)

治療のリスクや副作用:強い力をかけると割れる(欠ける)可能性があります。土台となるご自身の歯を削る必要があります(削る量は個人差によります)。

白い詰め物・被せ物治療の流れ

検査

検査器具やレントゲンで、歯やあごの骨の状態を調べます。

治療計画の説明

歯やあごの骨など、お口がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

歯を削ります

詰め物や被せ物の土台になる歯を削ります。

詰め物や被せ物を装着

詰め物や被せ物を装着します。

メインテナンス

詰め物や被せ物を長持ちさせるために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

セラミック治療Q&A

ここでは、セラミック治療についてよくあるご質問をご紹介します。

セラミック(セラミックス)とはどんな材料?

お口の中で使用するのに適した素材です。

皆さんの身近なものでは陶磁器や瀬戸物、レンガやガラスと言われるものも大きな範囲ではセラミックの一種です。歯科用のセラミックはお口の中で使用するのに適した材料を人工的に作り出して、さらに加工して作られています。また、天然の歯の色と輝きに近づけた白く見える材料であり、耐久性に優れたものが主流になっています。歯科用セラミックは金属としての性質はないため、歯科治療後に起きる金属アレルギーの心配は全くありません。

歯科用セラミックには種類がどのくらいあるの?

約20種類以上あると言われています。

現在認可され、使用されている歯科用セラミックは20種類以上あり、これらを組み合わせてさらに複合的に作製されるものもあります。

前歯に被せるのに適したセラミック、奥歯に被せたり、つめたりするのに適したセラミックが各々あります。また、被せるご自身の歯の残っている量や形、変色の程度により使用するセラミックを選択していきます。

 

セラミックで作製するかぶせ物はどれがいいの?

当院ではジルコニアクラウンをおすすめいたします。

当院では、セラミックでできたかぶせ物の中からジルコニアクラウンをおすすめいたします。

奥歯と前歯にかぶせるセラミックは噛む力に対して耐久性が高いものを選択する場合と審美性(見た目)を重視して選択する場合に分けてセラミックの種類を決めていきます。

 

クラウンとは?

歯のかぶせ物のことです。

歯科治療におけるクラウンとは日本語では冠(かん)と言われています。

かぶせる物の種類に関係なくご自分の歯を削除、形成してこの上から元々の歯と同じくらいの大きさをした歯の形をしたものをスッポリとかぶせた物をクラウンとよびます。

セラミックでできていればセラミッククラウン、金属でできていれば金属クラウン(金属冠)とよばれます。

 

ジルコニアクラウンの特徴は?

ジルコニアクラウンには2種類あり、特徴が異なります。

ジルコニアクラウンはその名前の通りジルコニアでできたクラウン(冠)です。

さらに作成方法により2つのクラウンがあります。

 

◆フルジルコニアクラウン

ジルコニアと呼ばれる材料のみで作られているセラミック製のかぶせ物です。主に奥歯にかぶせた時に次のような利点があります。

◎天然の歯と比べても色調が合いやすい

フルジルコニアは白い材料でできているため天然のご自身の歯に近い色調にしてクラウン(冠)をかぶせて直すことができます。(金属でできたクラウンは天然の歯と比べて全く異なった銀色をしているため見た目の違和感が大きいです。)

◎歯に対して適合性に優れている。

フルジルコニアで作製したクラウンは歯との適合性が優れているため保険の金属クラウン(銀歯)に比べてかぶせたクラウン(冠)と歯の間の隙間から虫歯になるリスクをずっと少なくすることができます。表面に歯垢がくっつきづらいのも虫歯予防の上で利点となります。

◎噛みあわせの力に対して耐久性に優れている

フルジルコニアは人工ダイヤモンドと呼ばれるくらい強度が高い材料です。天然の歯に近づけて作る白い材料の、現在でている中で最も耐久性と強度を持っているクラウンです。

◎違和感が少ない

金属でできたクラウン(銀歯)も強度はありますが、同じようにジルコニアで作製したクラウンは噛みあわせの力に対しては金属より耐久性が優れている上に重量が3分の1程度ですので装着時の違和感が少なく、快適にすごしていただけます。

◎前歯のかぶせ物としても使用できる。

奥歯に入れても噛みあわせの力に十分耐久性があるため、奥歯にくらべてより力がかからない前歯に使用することは通常可能です。ただしご自分の天然の歯の色によっては色調をより細かく合わせる必要があります。この時は他の種類のセラミックスを用いたクラウンをおすすめいたします。

(ジルコニアセラミッククラウンやe-maxクラウンの項目を参考にして下さい)

◎金属アレルギーの心配がない

歯科治療で金属を使用すると条件によっては金属イオンが溶け出すことでアレルギーを起こしたり、歯ぐきの変色が見られたりすることがあります。フルジルコニアクラウンはセラミック材料で作製されるため金属を一切使用しませんのでこのような心配がありません。

 

◆ジルコニアセラミッククラウン

上記のジルコニアクラウンと名前が似ていますが。上記のジルコニアという材料の他に別の種類のセラミックを使用します。基本的な材料の性質はジルコニアクラウンと同じです。ジルコニアセラミッククラウンをおすすめする場合は以下の場合です。

◎前歯の他、奥歯においてもかぶせたクラウンが天然の歯との見分けがつかないくらい歯の色調や透明感を回復したいとき。

※歯に力がかかった時の耐久性は単体の材料で作製するフルジルコニアクラウンがもっとも優れています。ジルコニセラミッククラウンは噛みあわせの力が強くかからない前歯や小さい奥歯(小臼歯)により見た目を自然に美しく回復させるのに適したクラウンです。

 

ジルコニアクラウンのデメリットは?

デメリットはいくつかあります。

以下のデメリットがあります。

◎歯を削る量が保険の金属クラウン(銀歯)に比べて若干多くなる。(これはジルコニアクラウンの厚みを増やして材料の利点を活かすための結果です。)

◎ジルコニアクラウンと噛みあわせる歯が天然の歯の場合、天然の歯よりもジルコニアクラウンの表面が固いため、天然の歯の表面がすり減ることがある。(ただしジルコニアクラウンの表面を十分研磨しておけば問題ないとされています。)

◎保険適応外のクラウンのため費用が保険適応の金属のクラウン(冠)やレジン(プラスチック)製のクラウンよりも高くなる。(費用が高くなる分クラウンそのものは長もちするため値段と質は合致していると言えるでしょう。)

ジルコニアクラウンのまとめ

以上のことを踏まえるとジルコニアクラウンは、メリット(長所)がデメリット(短所)よりも大きく今後の歯のかぶせ物の主流となっていくと思われます。

気になるところは値段でしょう。セラミック治療に力をいれている全国の歯科医院や大手歯科技工所と当院も連携、提携することで高品質の素材を用いたジルコニアクラウンをお求めやすい価格にて提供してまいります。(従来の価格の半額程度での提供が可能となりました。)

自費診療の補綴物は保険診療の補綴物より細菌がつきにくい?

自費診療の補綴物の方が細菌はつきにくいです。

ここでの補綴物とは歯のかぶせ物(冠)や部分的なつめ物を指します。

自費診療の材料を用いたものと保険診療のものがあり、見た目や耐久性の他、細菌(歯垢)が原因となる虫歯や歯周病の予防効果に差があります。材料表面への細菌の付きづらさ、付きやすさに差があると言うことです。

以上のご質問に高崎市寺尾町にある城南大橋歯科クリニックがお答えします。

◎補綴物に使用される材料

保険診療の補綴物には金属やプラスチック等の素材を使用します。金属は言うまでもありませんが色調が明らかに天然の歯とは異なる見た目です。(いわゆる銀歯です)また、プラスチックの補綴物は金属よりは色調が白くみせることができますが、耐久性に劣り、時間が経つにつれて変色が目立ち、割れたり穴が開いたりすることが増えてきます。保険の補綴物のメリットを上げるならば診療費を抑えることができることでしょうか。自費診療の補綴物は、当院ではジルコニアを始めとするセラミックを使用します。天然の歯に近い見た目と耐久性に優れていることが特徴です。また、セラミックのみで作製されたものには金属アレルギーの心配もありません。

◎保険と自費の補綴物では細菌の付きにくさに大きな差がある

保険と自費の補綴物を比べると審美性(見た目)や耐久性に大きく差があります。この他、差があるものとして「細菌のつきやすさ」があります。保険の補綴部に比べて自費診療で用いるジルコニアを始めとするセラミックは細菌がつきにくい補綴物となります。これは虫歯の再発率に大きく影響してきます。(細菌がつきにくいことは虫歯になりにくいことになります。)

◎長期的に見て補綴物を選びましょう

細菌がつきやすいことは言い換えると補綴物の表面に歯垢が残りやすいということです。丁寧にブラシをかけることで歯垢は取り除けるのですが、それでも磨き残ししてしまう可能性があります。虫歯になってしまったということは、結果的にブラッシングが上手くできていなかったということです。虫歯になりにくい補綴物を入れた上で丁寧な歯ブラシを行うことが合理的と言えるでしょう。自費の補綴物だからといって必ずしも虫歯が再発しないとは限りませんが、細菌がつきにくいためブラッシングが行えていれば圧倒的に虫歯の可能性は下がります。補綴物を長く使用することを考えると、長い目でみてどちらが良いのかを考えたうえで素材を選ぶようにしましょう。

◎まとめ

セラミック性の自費の補綴物は汚れが付きにくいため虫歯や着色の予防に役立ちます。これに対して保険の補綴物は汚れが付きやすく歯とかぶせ物の間に虫歯ができたり、着色したりすることがあるため、虫歯の再発のことを考えると自費の補綴物を選ぶことは価値のある選択と言えるでしょう。

 

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

027-324-8211

診療時間

 
午前
午後

午前:9:00~12:00
午後:14:30~19:00
△:土曜日は14:30~17:00まで

休診日:木曜、日曜、祝日

027-324-8211

〒370-0865
群馬県高崎市寺尾町2628-1

駐車場12台完備

わたしたちと一緒に働きませんか?